読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLACK STAR

流奈のブログです

19日

この日は、生徒会総会と理科で、豚の解剖があった。

 

時系列的に、豚の解剖から。これは、先生がいろいろ説明しながら、豚の内臓を解剖するものだった。(そのまま…orz)

 

豚の解剖だなんて初めてだったから、期待していたんだけど、血をきれいにしてあったので、全然グロくなかった; ̄ロ ̄)!!

まぁ、それでも、いろいろすごかったので、ずっと先生の隣で見てたなぁ・・・。

 

生徒会総会は、特に面白くなかったので、ずっとメモ帳に、7wの下書き書いて、時間をつぶしてた。

そして、ばれることなく、無事に総会が終わり、放送機器を片付け、帰ろうとしていた時だった。

 

すれ違った召使君から「チビ」といわれたのは。

召使君は、急に背が伸びて165強ある。

それに比べて私は、159。

そんなにかわらねぇじゃねぇか!!

 

普段から、163ある妹にチビチビいわれて、コンプレックスになっているこの背を、罵倒されたとなると、だまっているわけないじゃないか。

 

その瞬間、私は、右手に持っていた靴入り靴袋を振り回し、追いかけました。

「今なら、靴袋で1回殴ったら許してやる。大人しくつかまりやがれぇ!!」

などなど言いました(笑)

その調子で体育館を10周ほどwww

 

そこでtttに「走らない!!」と怒られ、もたもたしている間に、逃げられた。

靴を履いて追いかけようとしたら、靴を間違えていたため、放送室に戻り、謝ってから、走って追いかける。

 

すると、校舎の廊下で、男子友だちと楽しそうに笑っている召使君。

むかっ!

いやぁ、余計に払ったので、筆箱投げようと、振りかぶっていると気づかれました。

 

召使君のクラスは2階の、B校舎の一番奥。

ちなみに私は、C校舎の一番奥。

私の校舎はUのような形で、左上が召使君。

右上がわたしのクラスという感じです。

 

召使君は、自分のクラスに逃げ込んだので、吹奏楽部フルートの天才奏者に、

「ちょっとさ、召使君を(リアルではちゃんと、名前呼んでます)廊下に出してくんない? ちょっとさ、大事な話があるわけ」

といったのですが、苦笑するだけ。召使君は、もちろん出てくれません。

m君もこのクラスなので、アイコンタクトでうったえるのですが、こちらも笑ってるだけ。

こちらでは

「逃げた分と、こもってた分をプラスして、筆箱で、二発殴って終わりにするから、早くこっちにこい!」

といってました。

 

そこで、悪乗りした、男子が「土下座しろ」といってたので、土下座へチェンジ。

 

「おちつけって」

といわれるので、

「え? わたしは全然落ち着いてるけど? だって、土下座でゆるすんだよ? なぁんて、優しい少女だろう? ね? だからはやく土下座しろ?」

といいかえしました。

そんなこんなで、教室と廊下で言い合っている中、一年の時の級長、現プロ委員長の方がいらっしゃいました。

プロ委員長とは、プロインという級長副級長たちのことで、プロ委員長とは、その長です(笑)

そのかたも、適当に

「どっちも笑ってるからいいんじゃない」

と返してました(笑)

 

まぁ、そんないざこざをしつつ、そこらへんの男子が、追い出してくれましたが。

 

そっからは早いもんで、廊下の端っこそれも二階ということで逃げられず。

「土下座土下座土下座」

と繰り返している私。

これは、わたしの圧勝でしょう?

 

すみませんでしたっと、土下座させて、

「次似たようなことが、あったら、これで済むと思うなよ」

と残して。

 

鼻歌交じり、スキップして、自分のクラスに戻りましたとさ。

 

長くなりましたが、

解剖見て、土下座させただけという(笑)

 

では